シュノーケリングポイントについて

久米島のシュノーケルポイントについて

久米島周辺には、サンゴの状態が非常に良好なポイントが多くあり、シュノーケリングポイントが数多く点在します。

ただし、発達した堡礁とよばれるサンゴ礁地形に島全体が囲まれているためビーチから簡単に行ける範囲は遠浅なラグーンでありサンゴの観察には適さない場所が多いです。

久米島の上空写真
久米島の上空写真

久米島の上空写真(左写真)からも分かるように、陸から少し沖側に発達したサンゴ礁があります。陸からサンゴ礁の間の浅海は、水深が浅すぎるためサンゴの密度は高くありません。

サンゴ礁外側の波が割れているあたり(リーフエッジ)は視界一面にサンゴが広がっています。

当店でのシュノーケリングツアーポイントについて

サンゴや魚の観察に良いシュノーケリングポイントはやや沖合にあるため、カヤックを使って沖合に点在する良ポイントをご案内しています。

ポイントにより種々のサンゴが観察でき、発達したサンゴ礁は水深が1~2mほどで水面からでも視界一面のサンゴが観察できます。


はての浜でのシュノーケリングについて

はての浜はサンゴ礁の上に砂が堆積してできた砂の島です。

はての浜周辺はラグーンで、穏やかですが砂地のためサンゴの観察には適しません。また、多くの観光客が海で魚に餌付けをしているため自然の海の観察ができません。

従って当店でははての浜上陸ツアーではシュノーケリングはご案内していません。ご希望される場合は途中の無人島でより自然度の高い海域をご案内しています。

はての浜周辺の航空写真
はての浜周辺の航空写真

当店で開催しているシュノーケリングツアー