サンゴ礁の観察


造礁サンゴが形成するサンゴ礁には多種のサンゴから成る群落が無数に点在します。

満潮時は荒波にさらされ近づけませんが、大潮の干潮時は干潟となりサンゴ礁の上を歩くことができ、窪みには沢山の潮だまりができます。

 

潮だまりでは、まるで水族館の水槽を覗いているような多種のサンゴや魚を観察できます。

外洋と切り離れたプールとなるため、風波の影響を全く受けないず水面は鏡のように穏やか。陸から覗き込んでもサンゴや熱帯魚が観察できるので泳げない人でも大丈夫。

 

タイドプールの立地条件により生育しているサンゴの種類や生育条件が異なり、サンゴやサンゴ礁のことを学ぶにはもってこいの観察フィールドです。

 

潮が大きく干く日程のみの日時限定開催です。

(2019開催日) 

●8/28~9/2 ●9/9~9/15 ●9/26~10/1

●10/11~10/13 ●10/25~10/28 

11月は開催なし

 

シュノーケリングで観察したい方は、無人島探検カヤック カヤックシュノーケリングコース をご案内できます

サンゴ礁のタイドプールの景観
干潮時にしか近づけないサンゴの森

サンゴ礁とはサンゴの作った骨格や貝など石灰質が堆積した石灰岩で、サンゴはサンゴ礁の上や沖方向へと成長をする。

サンゴ礁上には多くのサンゴの群落があり、それらの生命活動によりサンゴ礁が形成される。サンゴ礁の上を散策すれば、多種のサンゴから成る「サンゴの森」のような景観を観察することができる。

●満潮時●

波の下にサンゴ礁が広がる
波の下にサンゴ礁が広がる

満潮時はサンゴ礁より高い位置まで水位が上がり、浅瀬となったサンゴ礁上は常に白波がたっており、とても泳げる状態ではありません。


●干潮時●

干潮時に陸地化したサンゴ礁
干潮時に陸地化したサンゴ礁

干潮時はサンゴ礁の頭より低い位置まで水位が下がり、サンゴ礁の上部は陸地化します。

陸地化する部分は、サンゴが生育できないためサンゴ礁を形成する石灰岩が剥き出しになりますが窪みには海水がたまり潮だまりができます。

潮だまりには現在進行形でサンゴ礁を形成していく生きたサンゴの群落が広がります。