西表島探検の心得

西表島の自然を堪能したいのであれば、より人里から離れた場所に自力到達以外はない。

目の前に広がるジャングルをどうやって潜り抜けるかが到達のカギになる。

 

ジャングルといえど起伏に富んだ地形であり、しっかり自然を捉えればそこに活路はある。海岸のサンゴ礁地形やマングローブ地形。山腹部は八重山層群という脆い地層が作った複雑な谷。バラエティに富んだ地形は植生にも変化を生み、どうにか通れる道なき道を形成している。

「道なんて自分で作るもんだ」という感覚で進めばいいだけの話だ。

 

基本的には、海岸と谷を駆使すれば進むことができる。

海岸から任意の水系の下流部に行き沢を詰めることが基本だ。

歩き続け、日が暮れるまでに安全な浜に降りて夜を明かし、また進む・・・それだけのことである。

 

この項では、進み方をフィールド別に紹介する。