ウミガメの産卵を観察する場合は

アカウミガメの産卵観察
アカウミガメの産卵観察

久米島にはアカウミガメ、アオウミガメが多数産卵のため上陸します。

滞在中に偶然遭遇することもあるかもしれません。もし遭遇し、観察したい場合はウミガメへの負荷とあなた自身の安全を十分に考えて観察しましょう。

 


<観察の留意点>

驚かせないように、静かにそっと見守ってあげてください。

 

 

・ライトで照らさない

子ガメは光に向かう習性がおり、ライトを照らすと光に向かって進んできて海の方向を見失い迷走します。海に辿り着けなかったり、砂浜で体力を消耗してしまうと死んでしまいます。また、上陸したウミガメは驚くと産卵せずに帰る場合もあります。ライトで照らさず月明かり等で観察するようにしましょう。 同様にカメラのフラッシュも避けましょう。

また、夜の砂浜に車で近づく場合もライトを照らさないようにしましょう。

 

・捕まえてはいけない

ウミガメ(卵も)捕獲することは法令で禁止されています。許可なしで卵をとりだし観察するのもダメです。観察するだけにしましょう。

 

・不用意に触らない

上陸したウミガメに不用意に触らないようにしましょう。ウミガメを驚かしてしまうというのもありますが、噛み付かれたら大怪我する場合があります。特にアカウミガメは顎が発達しているので危険です。

あまり近づかないで遠くから産卵を見守りましょう。

 

ハブがいます

ハブが生息しています。ウミガメは草本植物や低木林の縁で産卵することも多いです。そのような茂みにはハブがいる場合がありますので近づかないようにしましょう。また、見晴らしのよい砂浜部分にもいないとは限りませんので常に足元を確認しながら歩きましょう。

実際にウミガメの産卵場所の近くで何度か見かけたことがあります。細心のご注意を