ビーチロック

砂浜の前面に形成される板状の岩。沖縄では「板干瀬」とも言います。

砂礫や堆積物が固まって岩のようになった地形です。

成因は諸説あるようだが、海水に溶けている炭酸カルシウムが沈殿し砂や砂礫を固したものであるとされています。

 

ビーチロックはほとんどがサンゴ礁のある亜熱帯地域で見られ、亜熱帯の指標地形になります。また、形成年代を知ることで過去の海岸線の位置をしることができます。

 

最近できたビーチロックには瓶が固められている場合もあるらしいです。

 

久米島でも奥武島の海岸でも見れるので畳石見学のついでに見られたらよろしいのではないでしょうか。