琉球列島の生物区

 鹿児島県大隈半島から台湾に及ぶ琉球列島の生物相は大きく3つに分けられる。

 陸続きであれば動植物の移動ができるが海を隔てると分断されそれぞれが独自の生物相を生み出す。古い時代に海峡となったトカラ海峡=渡瀬線(トカラ列島悪石島と子宝島間)とケラマ海峡(沖縄諸島と宮古島間)で生物相が大きく変わり、そこを境に北琉球、中琉球、南琉球に分けられる。特に渡瀬線は世界の生物区分上の旧大陸北区旧大陸東洋区の境界でもあり生物相の違いが顕著である。

 

 

 


・北琉球

ニホンジカの亜種とされるヤクシカ(屋久島西部林道)
ニホンジカの亜種とされるヤクシカ(屋久島西部林道)
北琉球:屋久島を含む渡瀬線より北の地域。生物相は本土に近い、ハブやアダンなど南方系の動植物で分布しないものが多い。また、ニホンザルやニホンジカなど本土と共通哺乳類の南限でもある。

・中琉球

ヤンバルクイナ(沖縄島国頭村)
ヤンバルクイナ(沖縄島国頭村)

渡瀬線以南の奄美群島及び沖縄島と周辺離島。

中琉球は世界的にレアな生物種が多く、他の琉球諸島、台湾、中国、日本本土に近縁種が分布しないものが多い。

アマミノクロウサギ(奄美大島、徳之島)、ヤンバルクイナ(沖縄島)キクザトサワヘビ(久米島)ケナガネズミ(奄美大島、徳之島、沖縄島)リュウキュウヤマガメ(沖縄島、渡嘉敷島、久米島)等多くの中琉球に固有の種が挙げられる。


・南琉球

ニッパヤシ群落(西表島船浦)
ニッパヤシ群落(西表島船浦)

南琉球は琉球のなかでも南方系の色がさらに濃い。

カンムリワシ、ニッパヤシ等熱帯系動植物の分布北限地になっていたり、イリオモテヤマネコ、ヤエヤマヤシ、ヨナグニサンなど固有種化、固有亜種化したものも多い。

気候的にも熱帯と亜熱帯の境界であることに魅力を感じる地域である。


個人的には

 

 北琉球→九州に近い生物相の中に垣間見える南方系動植物がおもしろい。

 中琉球→起源の古いものが多く、個々の生物種のレア度が高い。弧状列島琉球を感じれるフィールド。

 南琉球→個々の生物種もおもしろいが、そのつながりや成り立ちを見るのがおもしろい。自然度の高い西表島は島の生態学を学ぶには絶好のフィールド。

 

と思っています。ぜひ列島という視点で琉球を楽しんでみてください。